• ホーム
  • 日本ペイントホールディングスの投資情報

日本ペイントホールディングスの投資情報

日本円の札と硬貨

日本ペイントホールディングスは、総合塗料メーカー大手で主に自動車や工業用塗料に力を入れています。
現在株価が11月27日の終値で3085円、2013年の初営業日時点で822円であった日本ペイントホールディングスの株価は3.75倍にまで膨れ上がっていることになります。
ただ、直近2年の企業業績を見れば、増収増益傾向が見られ、このまま株価が落ち着けば、インカムゲインは大きく期待できると判断されます。
しかしながら、キャピタルゲインを期待して投資を考える場合、現在価格が割高と判断されるため、少しでも安値で購入することが良く、2015年9月に2081円という安値を付けていることから、時系列で起る株価を押し下げる外部要因に弱いと考えられ、投資判断が非常に難しいでしょう。
株の情報サイトや雑誌などで投資家に向けて配信している情報では、現在価格より2割程度低い2500円から2400円が割り安水準で、このあたりで買うのがもっとも適しているとの情報もあるのですが、時系列でのファンダメンタル要素をよく考えて株の購入を行なうのが正しいと考えられます。
日本ペイントの本業である塗料は原油高やアラブ周辺の経済事由に大きく左右されるもので、テロや戦争といった影響にも敏感に反応することがありますので注意しましょう。
さらに、過去のデータから買い下がりを目論んで、平均取得単価を下げる難平を掛ける目的で株を購入するも、株価が下げ止まらず、大きな損失となった人も多く、株価の動きに注視することが大切であると考えられます。
日本ペイントホールディングスは長期投資よりも短期利食いが適していると言えるでしょう。
様々な株主への投資情報は、結果から判断することであり、よく考えてみれば、個人投資家でも予想は可能です。
株価を上げる第一条件は業績であることを忘れないようにしましょう。

人気記事一覧
サイト内検索